CSR

Smappa! Group では多様なステークホルダーの皆様と一緒に様々な課題に取り組んでいます。

CSR推進項目

グリーンバード

グリーンバードとは?
green birdとは、「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに
誕生した原宿表参道発信のプロジェクト。

「ゴミやタバコをポイ捨てしない。」と< 宣言 >すれば、
誰もがgreen birdのメンバーです。
主な活動は、「街のそうじ」。でもこれは強制じゃありません。
「街を汚すことはカッコ悪いことだ。」という
気持ちを持つだけでいいのです。

個人をはじめ、ショップスタッフや企業・団体など、
プロモーションの輪は原宿表参道のみならず
全国各地、そして海を越え海外へと、どんどん拡がっています。

合言葉は“KEEP CLEAN, KEEP GREEN.”

自分たちが住む街をもっとキレイで、
もっとカッコイイ街にするために。
ひとりでも多くの参加を、お待ちしています。

グリーンバードは現在年間述べ参加者数336,000人をも超えるようになり、国内外合わせ84チーム。

現在Smappa! Groupではグリーンバード歌舞伎町チームの事務局を担っており、SMAPPA!HANS AXEL VON FERSEN代表 SHUNがチームリーダーを務めております。

また、年に一度行われる「全国チームリーダー会」も昨今よりSmappa! Group店舗にて行われるようになりSmappa! Groupでは積極的にこの活動を応援しております。

グリーンバード歌舞伎町チーム
■活動日 毎月第1・第3月曜日
■集合時間 19:00 p.m.
■集合場所 Jimushono1kai(歌舞伎町2-28-14)
■道具など 掃除に必要な道具類は、すべてコチラでご用意いたします。動きやすい楽な服装でお越しください。
■備考 雨天中止
そうじに参加の際、万が一不慮の事故などあった場合、できる限りの対応はいたしますが、責任は負いかねますのでご了承ください。

グリーンバード関連記事

夜鳥の界

夜鳥の界ってなに??

夜鳥の界を皆さんご存知ですか??
『OPUST』『ADEOS』宮本武蔵プロデューサー率いるSmappa!Groupのメンバーを中心とした歌舞伎町のゴミ拾い活動を行っている団体です

夜鳥の界リーダー『宮本武蔵』(MUSASHI)

A.ホストに対するイメージは、「チャラチャラしている」「マナー、モラルが欠如している」というイメージの方が強いと思います。実際そういう人たちも多い中で、僕はこれをSmappa!Groupだけでなく、他店のホストにも参加してもらいたいです。店同士で争う時代はもう終わると思うんですよ

夜鳥の界

現在Smappa! Groupでは様々な社会奉仕活動をしています。
ホストが清掃活動ってちょっと意外かもしれませんが
もし、街で見かけたら是非声をかけてみてください!

夜鳥の会関連記事

HELPUSH(ヘルプッシュ)

Smappa! Groupでは“HELPUSHプロジェクト”を応援しています

“HELPUSHプロジェクト”とは
HELP×PUSHで、HELPUSH(ヘルプッシュ)プロジェクト。 ダイバーシティの考え方は広まってきているけれど、 もっと気軽に「助けて」と言えて、 もっと気軽に「後押し」できる世の中にできたら。 「HELP」と「PUSH」がたくさん飛び交う世の中を目指します。 “車イスヒッチハイクとは?” 車イス芸人としてチャレンジしたのち、 歌舞伎町のホストクラブでも務めた経験のある テラダユウスケが、日本全国の道行く方たちに、 「車イスを押してください」と声をかけ押してもらう、 車イスヒッチハイクで訪れ、あなたのヘルプッシュで旅します。 聖火リレーのように、ヘルプッシュリレーで、 たくさんの人たちに背中を押してもらいゴールを目指します。 そのリアルな道中をスマホアプリ「LINE LIVE」から随時生中継していきます。 ゴールは、47都道府県、すべての地を訪れること。

———–★SNS配信★———–
◇Twitter→ @helpush_story 現在地配信。ちょっと情報くれたら嬉しいです!◇Instagram→@helpush_story ちょっと押して下さったヒーローたちの写真を一言旅日記とともにアップしていきます。
◇LINELIVE→ 「HELPUSH 車イスヒッチハイク旅」で検索 旅のリアルな状況を生配信し、その地のバリアフリー状況、魅力、出会った人にインタビューしていきます。
◇ブログ→ helpush.com 旅のレポートをあげていきます!
https://www.facebook.com/HELPUSH/
(HELPUSHプロジェクト代表 寺田ユースケ)

HELPUSH(ヘルプッシュ)関連記事

地域貢献

歌舞伎町商店街振興組合とは

歌舞伎町商店街振興組合は昭和38年設立した。戦後焼け野原となったこの地域(当時は角筈北町会)の、混乱の時代を生き抜くため、地域の方々の相互の協力と復興計画作成を行った『復興協力会』を起源とし、昭和31年新宿コマ劇場が完成した年の12月に発足した『協同組合歌舞伎町振興会』(事業協同組合)を原型とし、その発展型として、商店街振興組合法(昭和37年施行)に基づき、同法のもとで第一号となる申請を行い、設立された。
歌舞伎町の、いわば“村長”、現在の商店街振興組合理事長は平成21年からこの理事長職を務める片桐基次氏、セントラルロードにあるシダックスのビルオーナーであり、また、元々その場所にあった(現在は高田馬場)酒屋の丸石を経営。そして2017年よりSmappa! Group会長手塚マキは理事に就任

地域貢献関連記事

コンテンツ

求人案内
CSR
メディア出演・掲載履歴
カレンダー
社内報
アルバム
地図
求人誌配布場所

ピックアップ記事

PAGE TOP